teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大林宣彦監督 原爆投下までの日本の戦争描く映画制作へ 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2018年 2月22日(木)08時30分44秒
返信・引用
  NHKのインタビューで、大林宣彦監督 原爆投下までの日本の戦争描く映画制作へ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180222/k10011338171000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005
 
 

監督情報

 投稿者:あきら  投稿日:2018年 2月15日(木)09時36分4秒
返信・引用
   佐賀新聞 キネマ旬報、表彰式の記事です。

http://www.saga-s.co.jp/articles/-/180923

 

発売された「可愛い悪魔」のDVDに初期不良があり、本日商品交換についてのアナウンスがありました 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2018年 2月 6日(火)23時41分51秒
返信・引用 編集済
  2月2日に発売されたばかりの「可愛い悪魔」のDVDに映像不良が見付かり、本日メーカーから商品交換についてのアナウンスがありました。
すでに購入された方はDVDを返品すると修正された正規商品が用意でき次第順次発送してくれるとのことです。

http://dig-mov.net/
 

監督情報

 投稿者:あきら  投稿日:2018年 1月31日(水)08時57分32秒
返信・引用
  本日、MBS毎日放送 14:55~「ちちんぷいぷい」で、大林宣彦監督の新作映画(花筐)が紹介されるようです。  

監督情報

 投稿者:あきら  投稿日:2018年 1月27日(土)23時56分14秒
返信・引用
  久しぶりの来阪だと思うのですが、大阪ステーションシティシネマにおける大林監督の記事です。監督を応援しに行きたかったのですが、仕事の都合で無理でした。
来月、京都で「花筐」2回目の鑑賞予定です。


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801270000454.html

 

大阪のシネ・ヌーヴォでも大林監督の舞台挨拶が行なわれます 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2018年 1月22日(月)02時09分17秒
返信・引用
  【祝!生誕80周年『花筐』公開記念 大林宣彦映画祭】舞台あいさつ緊急決定!
 1/27(土)14:50~『ねらわれた学園』上映後
 ゲスト:大林宣彦監督

http://www.cinenouveau.com/news/news.html
 

大阪ステーションシティシネマでの大林宣彦監督による舞台挨拶が決定しました 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2018年 1月20日(土)02時33分48秒
返信・引用
  大阪ステーションシティシネマでの「花筐/HANAGATAMI」上映初日に、大林宣彦監督による舞台挨拶が決定しました。
【日時】2018年1月27日(土)「花筐/HANAGATAMI」12:00の回終映後

http://www.osakastationcitycinema.com/sp/site/oscc/news/detail/s_hanagatami.html

 

花筐 情報

 投稿者:あきら  投稿日:2018年 1月18日(木)17時08分30秒
返信・引用
  第72回毎日映画コンクールにおいて、日本映画大賞を受賞しました。

https://mainichi.jp/mfa/

 

「A MOVIE 大林宣彦映画集成」という本の発売予定が再び延期に 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2018年 1月12日(金)04時11分26秒
返信・引用 編集済
  「A MOVIE 大林宣彦映画集成」という本の発売予定が再び延期になってしまったようです。現時点での最新の発売予定日は2018年2月26日となっています。

http://tower.jp/item/4671550/A-MOVIE-大林宣彦映画集成
 

「第91回キネマ旬報ベスト・テン」で大林監督が監督賞を受賞 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2018年 1月11日(木)13時31分47秒
返信・引用
  2017年「第91回キネマ旬報ベスト・テン」が発表になりました。

大林監督の『花筐/HANAGATAMI』は日本映画ベスト・テンの第2位。

大林宣彦監督も監督賞を受賞されました。\(^o^)/

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/
 

花筐 情報

 投稿者:あきら  投稿日:2018年 1月10日(水)08時56分21秒
返信・引用
  ジャパンタイムズが選ぶ2017年日本映画のベストテンに入りました。

http://cinefil.tokyo/_ct/17138143

 

ゴダイゴの名曲「YES, I THANK YOU」が追加収録されることになった新しい「HOUSE ハウス」のサントラ盤について 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月21日(木)18時52分14秒
返信・引用
  2018年2月21日に発売される予定の「HOUSE ハウス」オリジナル・サウンドトラックのLPレコードに、トミー・スナイダーさんが歌っているゴダイゴの「YES, I THANK YOU」もB面ラストに追加収録されることになったそうです。
今までに発売されてきた歴代「HOUSE ハウス」のLPレコードやCDのサントラ盤には映画のエンディングを飾ったゴダイゴの名曲「YES, I THANK YOU」だけがなぜか収録されていませんでしたがこれで本来のサントラ盤となります。
「再LP化に際しては新規のカッティングが施され、オリジナルの良さを残しつつも2018年現在の音に仕上げました」とのことです。
 

ニコ生の番組に大林監督が生出演されてました 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月19日(火)21時10分13秒
返信・引用
  12月18日の夜、ニコ生の番組に大林監督が生出演されてました。
ログインできればこちらでもう一度ご覧になることができると思います。↓

http://live.nicovideo.jp/watch/lv309074257?ref=ser&zroute=search&keyword=%E5%A4%A7%E6%9E%97%E5%AE%A3%E5%BD%A6

 

「可愛い悪魔」のDVDの予告編がYouTubeで公開! 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月18日(月)16時42分1秒
返信・引用 編集済
  2018年2月2日に発売される『可愛い悪魔』のDVDの予告編がYouTubeで公開されてます。
(冒頭部分に大林監督のコメントあり)

https://www.youtube.com/watch?v=uzZBvD3TJqY&feature=youtu.be
 

Re: 熊本日日新聞に監督の次々回作?「つばき、時跳び」に関する情報が 

 投稿者:チュー太  投稿日:2017年12月17日(日)03時01分46秒
返信・引用
  カエル岩さんへのお返事です。

情報、ありがとうございます!!
秋から撮影…来年は二作品手掛けられる事になるのかな?
個人的に熊本が舞台というのも、気になるところです。(^_^;)
やはりお体の具合も何気に心配ですが、監督また忙しくなりそうな気配ですね。
原作となる小説も、1/9に徳間文庫より再販される様ですし、いろいろワクワクしてきます!(^_^)
 

熊本日日新聞に監督の次々回作?「つばき、時跳び」に関する情報が 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月17日(日)02時48分10秒
返信・引用
  熊本日日新聞に「梶尾さん小説、大林監督が映画化 全編熊本ロケ」という内容の記事が出てました。
その記事によると、2018年秋に熊本ロケで全編を撮影し、19年春の公開を目指すとのこと。

https://this.kiji.is/314643274654663777
 

『つばき、時跳び』

 投稿者:AKIRA  投稿日:2017年12月16日(土)15時20分16秒
返信・引用
  『つばき、時跳び』の映画化情報がインスタにありました。https://www.instagram.com/p/BcuUE9mloWH/ これは楽しみですね。  

大林監督が、梶尾真治さんの『つばき、時跳び』という小説を映画化されるそうです 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月15日(金)22時58分35秒
返信・引用
  大林宣彦監督が、梶尾真治さんの『つばき、時跳び』という小説を映画化されるそうです。
内容は150年の時の壁を超えるタイムトラベル・ロマンスなんだとか。熊本で映画の撮影をするという未確認情報も。
 

復刻された映画『花筐/HANAGATAMI』の原作小説について 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月13日(水)18時13分6秒
返信・引用
  映画『花筐/HANAGATAMI』の原作小説、檀一雄の「花筐」が今回の映画化に合わせて、小学館と光文社からそれぞれ緊急復刻されていますが、どちらも「花筐」「元帥」「白雲悠々」「ペンギン記」「誕生」「光る道」の6編の短編小説が収録されているところはまったく同じなんですが、光文社文庫の方の「花筐」には巻末に「ウソから出る、マコトの物語」という大林監督の作品解説が収録されているので、少しだけ本の価格は小学館のものより高かったりはしますが内容的には光文社文庫の方が少しお買い得かも知れません。  

本日発売のデイリースポーツに大林監督のインタビュー記事が 

 投稿者:カエル岩  投稿日:2017年12月13日(水)09時31分35秒
返信・引用
  12月13日付けのデイリースポーツに、『大林宣彦監督 余命3カ月がんと闘い新作完成 肺にステージ4も「快調」』というインタビュー記事が掲載されてます。
そこには次回作について、18年の春にクランクインする予定であること、さらに「ようやく広島をちゃんとやらなきゃいかんかなということです」と、原爆を題材にした作品に取りかかることを明言されております。 https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/13/0010813473.shtml
 

レンタル掲示板
/30