teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月30日(木)21時08分11秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんは。

今日の天気は雨のち雪・・・・・。
ホントこの時期は冬と春の攻防が一進一退です。
昨年の今頃も「会社の窓から見えるビル群が吹雪で全く見えなくなって・・・」
と書き込んでますね~。

先日雪に覆われた裏の物置を見ましたら・・・・なんか左に傾いているよう・・・。
昨年新調した物置で、設置時に地面にブロックを置いて基礎にしていましたが、
それが地面にめり込んだのかなぁ・・・と。
いずれにしても雪が解けないと何も出来ませんので、GWくらいに補修をしなくちゃ
なりませんね。

本日のVICTORY

いよいよ船体の仮接合です。
船首のスクラッチした部分がちょっと反った感じになっていまして、接合に苦労しました。
マストも最上部のヤードを取り付け。
この後はマストを取り付けますが、次の難題はシュラウド&ラットリン。
結局1/350ラットリンのエッチングが入手できませんでしたので、シュラウドは例のゴム系
糸で張り、ラットリンはなにか細めの糸(釣り糸ではないもの)をホワイトボンドで硬くした
のを切りながら張っていこうかと思っています。
なにか・・・結構、忍耐が要求されそうな作業になりそうです。
 
 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月29日(水)21時51分28秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。

もう直ぐ3月も終わりですね。
北海道では3月中旬までは普通に冬の延長ですので、あんまり春を感じませんが、
下旬になってくると雪の溶けた斜面にフキノトウや福寿草が顔を出してきて、
ようやく季節が変わってきたなぁと実感いたします。
(と言っても朝晩は零下の気温が当たり前ですが・・・)

高校生のなだれ遭難事故
実に痛ましい限りです。
色々と批判の声が上がっていますが・・・・アウトドアの経験者として言えるのは、
山登りが目的であの降雪状態であの場所だと、そのルートは避けて通るのが一般的
な考えですね。(当然斜度が入った地図を持っているとして)
昔山スキーをやっていた頃は、いかに雪崩そうなところを回避して登るかが当たり前
でしたから。
結局は高校の授業の一環として、カリキュラムを済ませてしまわなければと言う
ノルマ達成の考えが先に立っていたとしか思えません。
また雪崩の原因も・・・ラッセル行動が引き起こした可能性も否定できませんね。
お亡くなりになった方たちのご冥福を祈ります。

本日のVICTORY

船体側面のラインは気がついたところでチョコチョコ直してますが・・・いい加減もう
いいかなと。
そろそろ船体と甲板の組み立てとをと思いましたら、あちこち未塗装のところがあり、
慌てて塗りました。
船首部のバウスプリットのところの縦壁・・・・資料で見るとなんとスカイブルーに黄色の
縦筋!この時代特有の派手派手塗装ですね。
また後部キャビンに繋がる縦壁は良く見ると、壁ではなく奥に抜けていて舵輪がある
場所になっていました。
今更壁を抜くのもしんどいので、枠部分にプラ板をあてがい、他は黒く塗って誤魔化し。
いや・・・もうちょっとちゃんと見ておくべきですね。

マスト部はヤードの製作。
先に引いた寸法図からFRP棒を切り出し、両端をリューターでテーパーをかけてから
マストに接合。
本来は違いますが、強度保持のためミシン糸でクロスに縛って瞬間で固めました。
小さいので色をかけてしまえば気がつく方もそう居ないと・・・・。
 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月27日(月)20時15分40秒
返信・引用
  本日のVICTORY

前回・・・黄色系を塗った後にフリーハンドで黒縞を入れて・・・大爆死!
黒ラインは、はみ出しまくりでウネウネで、黄色はビカビカの光りまくり・・・。

しばらくやる気をなくして消沈してましたが、気を取り直して製作再開。
細く切り刻んだマスキングテープをあちこちにあてがって(突起物が多くて・・・)、うねった
ラインを修正。
船体には板目を掘り込み、黒墨で墨入れ。
これで・・・なんとか・・・少しは見られる感じになった!と・・・一人納得を自分に強要。
今回は、本当に近くで見られるのが恐怖です。

船体後部と後ろのキャビンに開いている窓は、本来は四角形ですが、これもピンバイスで
丸型に開け直し。
完全に抜いてしまうと墨の入りが良くないので、ギリで抜かずに作業。
週末はこんな感じでした。

黄色の修正には3日程時間をかけました。(なにせ下の色が浮いてきます・・・)
 

例会2

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月27日(月)20時05分51秒
返信・引用
  ワジさんはイギリス??戦車兵バニーちゃん マックスファクトリー 1/20
どうやって目を書き込むのか聞いたところ、なんとデカールがあるとの事。
この辺の世界では普通なことなんでしょうかね。
(自分・・・ナウシカでやってどうにも書き込めず鬱に・・・!)

ギャオス事務局長、復帰第一作は米軍の155㎜ 榴弾砲。
ゴジラにも出ていると聞きまして、なんか思い出しました。
今のゴジラには誘導ミサイル攻撃ですからね。(電車爆弾もありましたが・・・)

ファントムboyさんは1/32 ハセガワ 零戦52型。
翼面の微妙なラインもきちんと表現された良品との事。
ストレス無く組みあがるそうです。

自分は製作中のHMS・VICTORY。
皆さん言うには、もっと大きいものだと思っていたとの事。
大きいと・・・・船体の塗り分けが・・・もっと楽になるんですけどね~。

話し合いは今期の展示会場予約合戦の事や(三五丸さんが持久戦を・・・)記念品、ロゴ入り
シャツの件等・・・。
今年の展示会は色々と盛りだくさんで楽しそうですが・・・大変なことにも。

20:00からいつものファミレスで食事会。
自分遅い時間に天丼&蕎麦も頂いていて、完全カロリーオーバーですが、やはりみなさんと
一緒に焼き物とヴァイキングセットを注文。
帰りの車で胸焼けが!

21:00に出立し峠を越えて我が家には0:30頃に到着。
翌日曜は・・・・なにか一日中眠かったのは、やはり年のせいですかね・・・。
 

例会1

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月27日(月)19時57分46秒
返信・引用 編集済
  16時頃長官宅へお伺い。
例の屋根裏部屋の秘密基地は精力的な改良工事にてすっかり整理され、前のソドムとゴモラ的な
魔窟の雰囲気は感ぜず、在庫のキット類もアイテムごとに格納されて大変すっきりとしておりました。
(あのソドム・・・の魔窟がよかったという方も多そうですが)

今回、長官にご披露いただいたのが、先代会長が若かりし頃に製作された船関係の作品群。
どれも50年代のころのレベル等のいにしえの艦船モデル。
最近再販されたものも有りますが、その多くがカタログでしか見たことの無いものばかりで、
びっくりいたしましたね~。
製作は当時の水準で、モールドされた手摺がそのままだったり、色も未塗装部分があったりで
それなりのものですが、それが又当時のプラモデルの世界観を実に良く感じさせてくれるもの
でした。
これは汚れを落として、今年の50周年展示会にお披露目をする予定との事です。

18:30より例会開始。
フランカーさんは先月のコンペ作品1/32「F86-F」のディティールアップと別部品のエンジンを
持参。エンジンはあちこちホースや配線をしてきめてました。
バンダイ1/6 ストームトルーパー。
先月のコンペの賞品。
来る直前にパチパチと組み上げたそうです。
無塗装ですが、素材の艶が半端なく、映画に出てきたそのものっちゅ感じです。
一緒に付いて来た武器のマシンガンは・・・・どう見てもMG-34・・・。

三五丸さんは・・・製作中の1/200「戦艦三笠」!!と1/350イージス艦こんごうを持参。
船底部をペーパーできれいに磨きこんでいましたが・・・長官の持参した資料を見まして・・・
う~ん・・・やはり鋼板の繋ぎ合わせ表現をしなければと、しかめっ面に・・・!
 

ちょっと室蘭へ

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月27日(月)19時48分11秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。
先週の季節はずれの大雪は、この時期としては30年ぶりくらいの大雪だそうで、
三日間家と会社の除雪に明け暮れました。
(せっかく溶け出した家の前の雪山・・・元の木阿弥に・・・・・)
でも、今週からはとうとう10℃台まで気温が上がってくるようで、長かった冬も
ようやく終わりとなりそうです。

北國海軍工廠さん、こんばんは。

>相変わらず追いまくられてバタバタです。
>なかなか投稿できず、申し訳ないです。トホホ
しばらくはお忙しいのが続きそうですね。
お互い歳ですから、無理せずに行きましょうね~!

>黒黄色の市松模様なんて、工場の危険表示ですから補色で難易度ムチャ高めですよね。
実際・・・舐めてました・・・。
特に今回は黄色の混合比がなんか変だったようで、透けるはムラが出るはでエライ目に。

> 静岡の出し物
>2次大戦初戦のスラバヤ沖海戦「ABDA艦隊の壊滅」
渋い選択で、大いに楽しみです。
昔・・・「ジュニア版太平洋戦史〈2〉開戦百日の栄光」と言う本で胸躍らせながら
読んだ記憶が。(授業中に盗み見てヒステリー左翼女教師に見つかってえらい目に)

>今回はこれを、ほぼ素組みで進めようかと(使用エッチングは純正品)
お珍しいことで・・・゚(∀) ゚ エッ?
こっちも何とかビクトリーを仕上げて行きたいです。


週末はお馴染みの猫の通院。
いつもは長老のカイだけですが、今回はその下のチョロもご一緒。
最近チョロの爪が伸びてきたようなので、爪切りできってやろうとしたところ、
なんと爪がえらい太っとくなって極端に曲がり、とうてい素人には無理な感じ!
病院で見てもらうと、老猫にありがちな詰めの肥大と変形だそうで、すでに一部が
肉球に当たって腫れていたそうです。
治療は・・・・専用のニッパーでガンガン切るのみと・・・。
今度教えて貰って自分できってみようかと思いましたら、爪切り料金は500円だった
ので、今後も病院でプロにお任せですね。

昼過ぎにMPMCの例会に参加で室蘭へ。
昨日までの大雪で・・・中山峠越えにかなり不安がありましたが(ここ数ヶ月、毎回えらい目に!)、
道路に雪があったのは定山渓までで、その後は峠も洞爺湖近辺も春の様相でした。
室蘭について取り合えず天丼を頂きまして、昔の実家の辺りを写真を写しながらうろうろ。
流石に古い家は無くなっていましたが、通りの感じはあまり変わりなく・・・
自分の家の有ったところは立て替えられてますが、お隣はそのままで懐かしく感じましたね。
また、山側の斜面(ほぼ・・・崖ですが・・・)に立ち並んでいた住宅は殆どが無くなっていて、
更地と言うより、森に帰っている状態で、そこに人が住んでいたとは思えない雰囲気になって
おりました。
現在の室蘭の実情を感じる一面ですね。
炭鉱(夕張&etc)、北洋漁業(釧路、函館)、製鉄(室蘭)、金融(小樽)、物流の中継地
(稚内、根室・・・サハリン、千島・択捉向け)など、開拓期から特定の産業に依存して発展した都市
は、その役目を終えると著しい衰退に見舞われると言うのが現在の北海道です。
またこの都市間を結んでいた鉄路も、JR北海道の財政破綻宣言で今後どうなるのか心が痛みます。
 

週末の北國工廠

 投稿者:北國海軍工廠  投稿日:2017年 3月27日(月)15時45分6秒
返信・引用
  kudopapa@副長さま みなさま こんにちは

 相変わらず追いまくられてバタバタです。
 なかなか投稿できず、申し訳ないです。トホホ

> VICTORY 手ごわいですね~
 黒黄色の市松模様なんて、工場の危険表示ですから補色で難易度ムチャ高めですよね。
 模型的にどう落ち着かせるか・・・ほんとに難しいところと思います。

> 静岡の出し物
 AKGさんのプリンツオイオイさんには、1/350ロシア戦艦のつもりで進めておりましたが
 もう一個のマイスターズの方は、2次大戦初戦のスラバヤ沖海戦「ABDA艦隊の壊滅」という
 お題になりました。
 自分の受け持ちで急遽水雷戦隊を仕立てます。

 週末から着工してます。
 帝国海軍駆逐艦 白露型の「川風」「山風」 船体のみが「五月雨」「春雨」になります。

 一昔前までタミヤの骨董品級のキットしかありませんでしたが、ここ2,3年でフジミから
 新キットが出てます。
 今回はこれを、ほぼ素組みで進めようかと(使用エッチングは純正品)

 ご笑覧くださいませ。
 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月21日(火)20時54分48秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。

みなさん、春の三連休はどうお過ごしでしたでしょうか。
北海道は春とは言ってもまだ冬シーズンの終盤と言った感じで、未だ道路の路肩には
うず高い雪の山が鎮座しております。
この雪山が全部溶ける頃には桜のシーズンを迎えることになるでしょうね~。

三連休初日。
日中は猫の通院等いつもの週末でしたが、夜にかの有名な「白い船」でグレースモデル
社長さんの駅員さんが来訪。
昨年の11月に本拠の函館から札幌にお越しになり、しかも歩いていける距離にいらっしゃい
ました。
来札されてからはお仕事の関係でお忙しいことと思い、その内にご挨拶と思っていましたら、
なんと先月お住まいになっていたアパートから出火!
氏の部屋は奇跡的に難を逃れたのですが、ほぼ全焼に近い状況で引越し等もあり、なかなか
お声がけも出来ずにいましたが、少し落ち着いたとの事で、今回の運びとなりました。
18時くらいから飲み始め、ビール、日本酒、ウィスキーと進んで自分は1:30くらいに撃沈
しましたが、氏とかみさんは3時頃まで飲んでいたそうです。
お話は色々で、お仕事の話では今後の新製品の展開等もお聞きでき、楽しみなことになり
そうです。(一挙、7艦!・・・・艦?えっ!)
お得意の持ち芸、東武東上線の車内、構内アナウンスには、かみさんのた打ち回って喜んで
おりましたね~。

二日目は青森APMC、八戸だんぶりの会から10名ほどがフェリーで来道。
毎年恒例の札幌模型買い出しの旅である「春の嵐作戦」(模型店荒しという意味・・・)です。
ホスト側のMPMCも車4台、6名が参加。
病気療養から復活なったギャオス氏も、会長車の運転で元気に参加されておりました。
自分は北区のBsホビーから参加。
4件目のトイメイツでも皆さん爆買いされていて、車のカーゴはキットで埋め尽くされており
ました。(北海道経済への寄与、心より御礼申し上げます!)
最後は平岸のBsホビーで解散となり、メンバーは苫小牧のフェリー乗船の前に温泉へと
移動されました。
自分は・・・前夜の飲みすぎもあって・・・帰宅&夕寝・・・。

昨日は・・・・未だに家の前に鎮座する氷山クラスの雪山解体に挑戦!
表面が硬く締まっていて剣先スコップで崩しながらの作業でしたが、冬中踏み固めたせいで
凄い体積になっており、道路に撒いて溶かす予定でしたが・・・今朝起きてみるとかなりの
量がそのままになっていて結構焦りました。
早く雨でも降らないかな~・・・。

本日のVICTORY

え~と・・・・・・。
今回・・・凄い嫌な感じになってきています。
船体の塗装。
最初白サフを軽く吹いてから全面に調合した黄色をかけたのですが・・・・充分乾燥させたつもり
のサフが塗装中に浮いてきて・・・それを押さえ込むような色乗せをしましたら、かなり仕上がりが
ぼったりしまして、二回目の塗装で相当な厚化粧に・・・。
尚且つ、黒の横じまを入れるに当たって筋彫ったところにフリーハンドで塗り始めたら、今度は
黄色が浮いてきてえらい事に・・・!
しかも想定していたよりも色につやが出てしまって、これまた難題。
なんとか筆先で浮き上がりを押さえましたが・・・筋に沿って塗ったラインがメチャクチャ。
後は細く切ったマスキングで処理をして見ますが、上手く行かなかったら一度塗装を剥がして
やり直すことも考えています。
いや~・・・・久しぶりの大失敗でした。
平行で作っていたマストは、組み上げも終わり、船体と一緒の黄色を塗装。
こちらの方はムラも無く塗りあがっただけに船体の失敗が情けないですね。
 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月15日(水)21時15分9秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。
月曜からは少しずつでは有りますが気温も上昇、積もった雪も溶け初めて
いる今日此の頃です。(でも明日、明後日は雪予報です・・・)

週末は青森勢の札幌買出しツアー!
今回は10名を越えるメンバーが来るそうで、あっちこっちの模型展でまた
あの狂乱のキット奪い合いの光景が展開されそうです。



本日のVICTORY

船体の塗装。
HMSの戦列艦と言えば、あの独特の黄色と黒の横縞模様。
昔はあの黄色は無塗装の木材かと思ってたりしたこともありました・・・。
保存されているビクトリーもちゃんとあの塗装になっていますね。
そう言えばTVシリーズでの「ホーンブロワー」に出てくる艦船もみな
あの塗装になっていますね。
なにか・・・ネルソン・チェッカーというらしいですね。
敵味方識別の用途でもあったんでしょうか。

いつもの黄色煙突ともちょっと違う色味で、ちょっと赤味がかっていて、
少し暗くもあると言うような感じです。
かといってダークイエロー程濁ってもいませんね。
で、隠ぺい力を期待してクレオスのGXカラーのキアライエローをベースに
赤、黒、グレーを混色して作ってみました。
ただ・・・・最初から塗り分け状態でムラ無く筆塗装する自信が有りません
でしたので、タミヤの白サフを吹いてから全面を黄色塗装。

黄色系は乾燥したように見えても・・・なかなか乾いてくれないので、このまま
週末まで様子見ですね。

平行してやっているマスト。

キットのマストから部品を流用して作っています。
が・・・!、最初にメインをやっていまして、トップまで付けてから引いた
図面にあわせてみたら全然長さが足りません(;゚Д゚)エエー!
寸法を再確認したところ・・・なんと一段目の長さが船体に埋め込む部分を
忘れておりました。
ガーン!ですね。
いつもならボヤキながらも作り直すのですが・・・今回は檣楼等の部品を流用
していましたので、分解するのも大変・・・。
で、寸法を再度測ったらなんとかフォアの寸法とまずまずでしたので、そのまま
フォアと言うことに。
(檣楼の位置がちょっとアンダーなのですが・・・この後納まりが付けばいいのですが。)
 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月13日(月)19時55分19秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。

週末土曜日は朝起きてびっくりの降雪でしたが、流石に春の日差しが強く
なってきていまして、お昼ごろには道路の雪もほぼ溶けました。
室蘭の方はTVで積雪ゼロを宣言していましたね。

昨日は駅裏のヨドバシカメラまでお出かけしてスマホのケースや保護シール
等を購入。
スマホ自体の使い方は未だになんだか良く判っておりませんが・・・・・。
ついでにカメラコーナーに行って色々と物色。
店の方(メーカーの人かな?)があれこれ説明してくれて、小型のミラー
レス一眼でマクロレンズと50~100mmレンズでの要望を言うと、イオスの
一機種を勧められました。
最近はあんまりアウトドアでの撮影をしなくなってきたので、現在の
300mmは大きくて結構もてあましておりますからね・・・。
お値段は新機種待ちの在庫処分と言うことで、約8万とのこと。
かみさんは思い切って買ったらと言ってましたが、今年は静岡もあるので
欲しいところでは有りますが・・・来年までちょっと我慢ですね。

本日のVICTORY

週末は猫の通院、自分の通院(右手腱鞘炎の痛い注射)、母親の買出し、
かみさんの退院祝いのジンギスカンパーティー等、色々目白押しでしたが、
行事?の隙間を縫って製作続行!
上甲板の艦載艇を載せるところが倉口で大きく開口しているのですが、その下の
甲板となる部分が一応板にはなっていますが、なんのモールドも無く合わせ目
だけがはっきりと・・・。
なので見える部分をプラ板で板目筋を彫り、木甲板風に加工。
と・・・・資料を見ると、かなり大きくその下層甲板への倉口の開口部
があります。
艦載艇を載せると殆ど見えなくなるとも思いましたが、まぁ気は心でそこも
プラ板にピンバイスで抜孔して再現。
本当は木枠で組んでいるので、孔は四角なのですが、上甲板の倉口の孔表現も
丸穴だったのでこれで良しといたしました。
ついでにその上甲板のハッチの穴も墨入れを目立たせるためピンバイスで抜孔。
う~ん・・・・これくらいが現在の自分の目の限界ですね~。

次いでマスト。
まずメインから製作。
本当のところ、フォア、メイン、ミズンと太さが一緒かどうかがわかりませんが、
取り合えず一緒のFRP棒から削って生きます。
檣楼の部分はいつもならプラ板で作るのですが、今回は部品のマストから切り出
して流用。
が・・・・切ってみると平面に結構なヒケが二箇所も有り、ちょっと削るくらい
では埋まりませんでしたので、光パテで充填し削り直し。
このキット・・・良いディティールなんですけど・・・こういうところが結構いいか
げんな不思議なキットですね~!
 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月10日(金)22時00分32秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。

気温はちょっとずつ上がってきてはおりますが、今日の日中は真冬の様な
吹雪っぽい降雪で・・・春まだ遠しという感じです。

隊員さん、こんばんは。
「大泊」日本海軍唯一の氷砕艦いいですね~!
だいぶ前に模型の会で、青森県むつ市大湊の海上自衛隊基地へ見学に行きましたが、
軍港とは思えない穏やかな港で、この絵画の様な水面に大泊が係留されている姿を
見てみたかったものですね。
大戦を生き延びたのは幸運でしたが、損耗が激しく1949年に解体されたのは誠に
残念です。
戦後に大改装をされていれば・・・・きっと南極観測隊での主役を務めたこと
でしょうね。
(想像でヘリ甲板増設でオレンジ色を塗ったら面白そう・・・)




本日のVICTORY

ここんところ色々と忙しくてなかなか進みません~。
取り合えず、甲板に塗った茶墨を一回拭き取りましたが・・・いまいち!
甲板の板目の断面がちょっと盛り上がっているせいで、塗装の乗が悪く、
下地に塗った塗り分けが何だか良く判らない感じです。
まぁ・・・こんなものかとも思いますが、ちょっと思案のしどころかな~と
も・・・・。

例の超一体成形のマスト。
これを使うとほぼ玩具化しますので、いつも通り自作するための簡単な図面を
引きました。
しかし・・・・このパーツ構成もどういう想定なのか、皆目見当も付きませんね~。
モールドが非常に良いだけに、なお更です。
まぁ・・・・元々プラ帆船模型ではこのマスト、ヤードに対するリギングテンション
問題を解決するキットは今だかつて見たことが無く、だいたいはだよんだよんに
張るか、キッチリ張った後にマストが変形したのものしか見たことが無いですね。
(唯一、長官が大昔に作製したVICTORYやUSSコンステレーションが例外!この人は
ホント凄い・・・)
実物をノギスで測りながら図面に書き込んでいきますが、良く見ると何箇所か既に
折れていて苦笑い。
今回は船体の塗り分け等時間がかかりそうなので、平行してマスト関係をやって
行こうかと思います。
 

お礼

 投稿者:隊員  投稿日:2017年 3月10日(金)04時21分32秒
返信・引用
  kudopapa@副長  さん
こんにちは。
昨日は、素敵なコメントを頂戴し、どうもありがとうございました!感激です。
光栄です。そして、艦船模型工作の励みになりました。次回も頑張ります!

なお、お礼に参上しましたので、レスは結構ですー。ありがとうございました!

http://modelcorps.blog71.fc2.com/

 

本日のVICTORY

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月 7日(火)21時47分55秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。

昨晩は近所の昔から有るラーメン屋で夕食を取ったのですが、一緒に頼んだ
ライスが・・・・丼入りのつわもので、帰宅してから血糖値が急上昇したのか
エライ眠気に襲われて、掲示板に書き込みした後倒れるように寝てしまいました。
いいかげん歳なので、少しは考えないと命取りになりかねないなと反省中。

北國海軍工廠さん、こんばんは。

> むらさき様 ご入院という事でお見舞い申し上げます。
お見舞い有難うございます。
検査入院ではなく、体に人口膵臓を取り付けるための入院となっています。
外泊の時に見せて貰いましたが、まるで小型のパソコンみたいなものです。
その時の血糖値の状態を検知して、自動的にインスリンを体に注入するそうです。
なにかのSFで見た、戦闘時にアドレナリン等を管理させるサイボーグ兵士
みたいな感じ・・・!怖いですね~・・・。
(あの機械・・・ひょっとして米陸軍あたりが作ったのかも知れませんね~)
操作法を慣熟した様で、今週末には帰ってくるとの事です。


> HMS Victory
>新しい金型のキットということで、やはりモールドがいい感じですねぇ。

出来は良いのですが、全体の再現性が微妙なラインですね~。
モールドやアウトラインがかなり良いのに、あちこち無垢の箇所が多く、
マスト、ヤードに帆までセットされているあたりが・・・どの層を狙ったキット
なのか皆目見当が付きません。
昨日も書きましたが、素晴らしいモールドで・・・・大砲を甲板に一体成形!
物凄いモールドの良い・・・エアフィックスのミニ帆船シリーズと言った感じです。
そのまま作るとかなりチープな完成品になると思います。

> ということでリハビリ
>仕事の方は相変わらずドタバタ、じたばた状態なのですが

いや、お疲れ様でございます。
3月いっぱいは年度末等で地獄が続きそうですね。

>舷側のモンキーラッタルを0.3mm真鍮線でリセット、
これって地味に嫌な作業の筆頭に来ますよね。
でも・・・完成すると実に良い感じになりますけど。

>中央部の羅針盤架台を工作。
この部分って、他のボロディノ・クラスには無い部品ですよね。
なにかフィールド・アスレチックみたいでお洒落かも・・・。
(ネット登りやロープ下りなんかもあるかも・・・)
舷窓の加工が効いてますね!

>刻々と静岡が近づいてきますので、
今年は色々とお世話になると思いますが、よろしくお願いいたしますです。

本日のVICTORY

船首部分の格子状のところの製作。
アップすると悲惨ですが・・・・実物だと、まぁこんなものかと。
タンを塗った甲板はもう一度筋を卦がいて3色で塗り分けた後茶墨をかけました。
 

リハビリ中です

 投稿者:北國海軍工廠  投稿日:2017年 3月 7日(火)04時38分26秒
返信・引用
  kudopapa@副長さま みなさま こんにちは♪

> むらさき様 ご入院という事でお見舞い申し上げます。
 外出など伺っていると、検査入院という事でしょうか。
 いずれもしてもお大事にしてくださいませ。

> HMS Victory
 新しい金型のキットということで、やはりモールドがいい感じですねぇ。
 これまた楽しみに拝見させていただきます。

> ということでリハビリ
 仕事の方は相変わらずドタバタ、じたばた状態なのですが
 刻々と静岡が近づいてきますので、リハビリ開始です。

 1/350 ロシア前弩級艦 スラヴァの工作を再開しました。
 舷側のモンキーラッタルを0.3mm真鍮線でリセット、中央部の羅針盤架台を工作。
 この羅針盤架台は前後環境をつなぐ、ギャングウェーの上にトンネル状にまたがってまして
 どうやって工作しようか迷ってましたが、極太5mmのプラ棒をテーパーつけて削り出し
 エイヤッとドリルで開口してひたすらヤスる力業にて製作。

 ご笑覧くださいませ。

 
 

本日のV

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月 6日(月)20時14分32秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。
とうとう3月に入り、全国的には春の到来と言った感じで報道されていますが、
ここ北の地は相変わらず朝の気温がマイナス10℃前後と、しばれ上がる日々が
続いております((゚Д゚ll))。
ただ・・・・日中の気温は段々とプラスに転じてきていまして、1~2月に比べる
と温かみを持った日差しになって来た模様です。
早く春本番にならないかな~。

週末はかみさんが外泊で北大病院までお出迎え。
お昼は近くのファミレスでランチを頂きましたが、お目当ては取り放題のサラダバー!
ここんところ一人のやっつけ食生活だったので、野菜・・・特にサラダ系を殆ど取っていな
かったためお腹の調子も悪くなってきておりました。
ご飯を少なめにして三回もサラダを山盛り頂きましたら、その後のお通じも劇的に
改善されました。
人間やっぱり野菜を食べなきゃいけませんね~。

先々週、かみさんと二人で携帯をスマホに変えたのですが、一人暮らしの忙しさで
各種設定を全くやっておらず、ただの電話として使用しておりました。
で、先週の休みに色々とやるつもりでいましたら、かみさんがちょちょっと全部やっ
てくれまして、ようやくスマホ本来の性能を使うことが出来ました。
とりあえず・・・・仕事で作ったスマホ用のサイトを見てみましたが・・・おかしいと
ころは無くて一安心・・・(スマホ持ってないやつがサイト作るってのも・・・どうもね・・・)

本日のVICTORY

え・・・・と、この題目のVICTORYってのを打つ時・・・メロディーを口ずさんでしまうのが
自分の年代の特徴です・・・。
あれです、バレーボールのスポ根ものサインはV!
元は漫画ですがTV版は実写になっていて、当時はアタックNo1と人気を二分しておりました。
アタッカーのジュン・サンダース役の范 文雀さんが懐かしい・・・・。(亡くなっていたとは・・・)
前置きはこのへんで。

シュラウドやら帆やら懸案が山積みですが、とりあえず製作スタート。
まずは甲板の筋彫りから。
この手のキットではなかなかのディティールですが、やはり彫が浅く、デザインナイフで
追加の筋を入れていきます。
ついでにマスト根元の動索を集積するファイフレールが無垢の板状になっていたので、
中抜きをしようかとも思いましたが、上手くいかず結局全て削って後から金属線等で
作り直しの予定です。
船首部の格子状のところも無垢になっているので、ここは外側だけ残して中抜きを
してプラ板、伸ばしランナーででっち上げ。
その後甲板をタンで塗装。
ついでに明り取りから下甲板が丸見え(一応艦載艇を載せるようにはなっていますが・・・)
なので、プラ板に板目を罫書いたのを作製しタンで塗装。

舷側の砲門は全て閉状態となっています。
本当は砲門全開でのバトルシーンを作りたかったのですが・・・・あれだけの砲門を
四角く抜くのは至難の業なので、涙を呑んでそのままの予定です。
このキット、割と良いディティールでは有るのですが、価格から鑑みてやはりエレールの
カデットシリーズやエアのミニ帆船シリーズクラスの想定で発売したものの様ですね。
(大砲が別部品ではなく、甲板にモールドされているあたりが見分どころでしょうか)

資料色々検索しましたが、流石に実物があるので詳細な写真がごまんと有り、リギング
なんかはどう省略するかがポイントになるかとは思います。
で、昔の絵画に補助帆を全開で帆走するのがあり、ちょっと素敵だったのでこんな感じ
に仕上げられたら良いな~と思ってます。
 

本日のV

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 3月 1日(水)21時48分48秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。
低気圧が近づいているせいか…割と高めの気温になっている北の地です。

コンペも終わりましたので、また平常営業の日々に…。
で、取り出したのが先日のあれ!
HMS VICTORY。
何時かはやらなきゃの筆頭に来るかもしれないあれですね。
大和、三笠、ビクトリー。
この辺はいずれやらねばと思ってましたら、なんとドイツ・レベルからビクトリーが
ポロっと。
お手軽系のスケール帆船は嬉しい限りです。
が、全長が15cmほどあって、ディオラマにはちょっと大きい感じもしますが。
船体と甲板です。
なんと吃水したが上下分割でウォーターラインになってます。
私に何をしろってのでしょうかね。
キットは新しいだけあってかなり繊細なモールでですが…ところどころにバリが
あるのがご愛嬌(笑!)
下地の色が薄い赤茶色で、木関係の塗装にはばっちりです。
ただ・・・どうせ使わないからいいのですが、マストとヤードが全部一体成型と言
うのには驚きました。
また、帆はこのスケールではプラペーパー系にしてほしい所ですが、なんと無垢の
プラ製…
分厚くてびっくりです。
 

室蘭へ行ってまいりました16

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 2月28日(火)20時12分42秒
返信・引用
  最後に自分です。
シールズモデル 1/700 海鷹丸II
第一次南極観測隊の宗谷に随伴していった船。(宗谷が有名すぎて知らない方が多いようです)
一昨年、青森のご老公より頂いたレアキットです。
7cmくらいしか有りませんが、レジン製なので細いことこの上なし!
作っている最中もあちこちの支柱が折れまくり、都度プラ棒で修正しておりました。
いつものディオラマ風味で、ちょっと溶けかかった氷山の端っこをセット。

この後会長のトムキャットのご披露、スカイホーク氏の未完成??のシューティングスター
の・・・・説明(言い訳)が有りまして、投票が実施されました。
今回の優勝者は日本郵船「氷川丸」 を作った三五丸氏に決定!!
大技を真っ向正面からかけてくるその気概に感服いたしました・・・。

その後来年の課題の発表です。
恒例によりまして、優勝者の三五丸氏よりお題を拝借。
来年は「日本」、「メイド イン ジャパン」です。
さて・・・早めに考えなくてはな・・・・と・・・・いつも思うのですが、まぁだいたい
寸前まで動かないのが常となってますね。

例会も終了し、この後は何時ものファミレスで食事会となるのですが・・・・。
今日出てくるときに見たTVの気圧配置、雪雲の流れる予想がかなり危なめ!
スカイホーク氏からも現在札幌が猛吹雪と教えていただきましたので、食事会は
キャンセルして一路札幌へ。
(食事会も11時過ぎにはお開きとなったそうです。昔は午前様が当たり前でしたけど・・・)

室蘭から伊達に向かう途中で結構な雪が降り始め、喜茂別からはかなりの猛吹雪。
国道は全く除雪が入っておらず、轍以外は30cm程の降雪状態。
ちょっとでも轍からずれると途端にハンドルを取られる状態が定山渓まで続きました。
その後はようやく稼動した除雪車がいたので、なんとか帰宅できました。
しかし・・・・忘年会、1月例会に続いての難航苦行ですね~。
早く春になってほしいものです。
 

室蘭へ行ってまいりました15

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 2月28日(火)20時07分56秒
返信・引用
  兄者氏の東のスバル360、西のワーゲン  アリイ1/32
ネットで見かけた当時の販促チラシのイメージでの製作だそうです。
チラシみたいにしたかったそうですが、間に合わなかった由・・・。
スバル360は最早伝説の車となって久しいですが、昔はそこら中にいっぱい走っていましたね。
自分の親戚も乗っていて、これでよく遊びに来てました。
(今の日本人の体格では・・・・かなりしんどい車内と思えますけど)
 

室蘭へ行ってまいりました14

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 2月28日(火)19時57分50秒
返信・引用
  S氏の55 CHEVY モノグラム 1/32
なんか自分には良く判りませんが、「アメリカン・グラフティー」ですね。
色合いが上手くいかなかったと仰ってましたが、どうして良い色出てますね~!
この時代のアメ車って、こう言うパステル系の色合いが良く似合います。
ビル・ヘイリーのロック・アラウンド・ザ・クロックが聞こえてきそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=Kmq6qqdW520
 

室蘭へ行ってまいりました13

 投稿者:kudopapa@副長  投稿日:2017年 2月28日(火)19時49分20秒
返信・引用
  みなさん、こんばんは。
2月も今日で終わり。
段々日差しも春っぽくなってきております・・・・が!
昨日今日と朝の気温が-15℃なんて、寒くてやってられませんね。
日が出ると暖かくはあるのですが、起抜けの部屋がガクブルです・・・・。
昨日・・・長官と電話でお話ししましたら・・・秘密の部屋の情報を漏洩するのはまかりならんと
お叱りを頂戴いたしました!
長官、以後は気をつけて判りづらく漏洩いたしますね!(全然反省してませんね~)
しかし・・・・あの在庫量は・・・真面目に製作したら、100年ではきかない在庫量。
特にほぼ艦船模型と言うのがまた凄い。
(レベル、フロッグ、パイロのキットなんかは全て修正して作ってたら2世紀くらいは
かかるかと考察・・・)恐ろしいですね~!


昨日の続き。
------------

Flanker氏のF-86F セイバー  ハセガワ1/32
所謂「旭光」と言ってた時代のセイバーキット。
年代物のキットを破綻無く仕上げる技術には目を見張ります。
また、自衛隊独特のサビ止め塗装をかけた雰囲気での仕上げにも瞠目いたします。
しかも・・・・日の丸は手書き!
 

レンタル掲示板
/245