teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


掲示板?

 投稿者:いまひろ  投稿日:2016年 1月 8日(金)16時53分37秒
返信・引用
  この掲示板、いったいどうなってるの?
管理人って、あのカープデータベース管理人?
 
 

(無題)

 投稿者:かぷふぁん  投稿日:2012年 5月22日(火)22時18分30秒
返信・引用
  金本と新井が居れば全然違うのになぁ・・・

今年のドラフトは当然野手中心でしょうが
野手を取りたい時に限って、即戦力野手が微妙っぽいと言う
嫌な展開・・・
 

野手再建を考える

 投稿者:でび@何者かよーわからん人  投稿日:2012年 5月17日(木)15時25分27秒
返信・引用
  早くも首位チームに7ゲーム差をつけられ、野村監督3年目にも関わらず、
優勝は不可能に近くなった我がカープ。
特に野手の低迷が酷いのが原因と言うことで、得意のネタ?の1p4人制で、来季のことも含めた野手の再建を考えたいと思います。


①陣容

<捕手>一軍=なし
一軍半=石原(33)会澤(24)倉(37)白浜(27)
二軍=上村(30) 三軍=磯村(20)
育成枠=中村(21)

<一三塁>一軍=ニック(30)堂林(21)
一軍半=栗原(31)前田(41)
二軍=小窪(27)バーデン(30)
三軍=申(22)

<二遊間>一軍=東出(32)梵(32)
一軍半=木村(32)石井(42)
二軍=松本(28)山本(29)安部(23)
三軍=菊池(23)庄司(21)
育成枠=中谷(28)

<外野手>一軍=丸(23)広瀬(34)松山(27)
一軍半=天谷(29)中東(31)
二軍=赤松(30)井生(32)岩本(26)末永(31)迎(31)鈴木(25)
三軍=土生(23)
育成枠=中村憲(23)中村新(28)三家(19)

②状況
全体論から述べると、リーグでもワーストの打率と得点数だが、本塁打はニックのおかげで3位。直近の努力でできることとしては、4位である盗塁数をもう少し増やせれば、得点不足も少しは改善がみられると思う。
各論を述べると、捕手は石原の怪我や倉の不調が響いたが、代わりに新旧交代が促進されたので決して悪い話ではない。
一三塁は栗原離脱は痛いが、今後はニックがはまりそうで、堂林が成長して三塁を埋めつつあり、守備面以外はこれでいける。
二遊は東出・梵が不安定な調子だが、数は沢山いるのに他の選手も低迷が続く。それでも起用次第では充分効果はあると思われる。
外野は今期の野手の低迷の最大の原因。1軍級の3人も不調だが、それに代われる選手が一軍半にも天谷・中東くらいしかいない状況。

③今後の今シーズンについて
捕手・一三塁はこれでいくしかあるまい。捕手の若手の経験不足や堂林の守備の解決は来シーズン以降にすべきだ。
二遊は木村にもう少しチャンスをあたえてはどうか?二軍からでは菊池と中谷を上げてみるのもよいだろう(というより、なぜ中谷は支配下登録されないのだ?)。
外野はトレードをしかけ、誰か一人一軍半の中距離砲以上の候補を連れてくるべきである。二軍から上げるなら土生に経験を積まそう。

④来季に向けて
今オフは打撃不振や下位低迷や監督交代等も考えると、大量指名&相当なリストラが行われるはずだ。特に二軍で燻っている外野や二遊の面々はもう覚悟してもらおう。当然指名も外野手や大型内野手が指名の中心となる。

上述のトレードは、オリックスの竹原、巨人の中井大介あたりが狙い目。特に竹原は投手と交換で獲得目指したい。
 

2011序盤総括(野手編)

 投稿者:でび@何者かよーわからん人  投稿日:2011年 6月22日(水)23時50分42秒
返信・引用
  つづいては、問題だらけの野手陣。参照は投手と同じく、蔵さんとyahooのサイトをご一読ください。なお、打率については20試合以上の選手について得点を全加算し、10試合以上の選手は半分加算にしてあります。
<捕手>一軍=石原(32)2p 一軍半=倉(36)1p 二軍候補=会澤(23)
<一三塁>一軍=栗原(30)4P  ※トレーシー(28)2p 一軍半=小窪(26)2p 松山(26)
 二軍候補=前田(40)
<二遊間>一軍=東出(31)3p 梵(31)3p 一軍半=石井(41)2p 二軍候補=木村(31)安部(22)
<外野手>一軍=丸(22)3p 広瀬(33)5p 岩本(25)2p 一軍半=井生(31)2p 天谷(28)2p 嶋(35)赤松(29) 二軍=中東(30)鈴木(24)

②現状
野手の場合、一軍レギュラーであれば4pが目安(捕手は3p。一軍半なら1・5~2p)だが、それ達成しているのは栗原と広瀬のみ(しかも怪我離脱中)の情けなさ。逆に落第点の2pの岩本とトレーシーは二軍行きで当然だろう。迷うのは3pの選手か。
捕手は、石原は物足りない。ベテラン倉捕手はまずまず(捕手の一軍半は1pならOK)。の他、会澤の出番も増やすべきだろう。
一三塁は、打点は稼ぐ栗原の他、すでに一軍半としては秀逸な小窪がレギュラーを張っている。二遊は東出・梵が苦戦中。大ベテラン石井は大健闘している。
外野は、若手のホープの丸は何とか我慢して使い続けたい。井生も大健闘。また天谷も何とか突破口を見つけてほしい。


③結論
 捕手は倉の他、二軍卒業レベルの打撃を持つ会澤をもっと使うべきだろう
それ以外のポジションは三塁の新外人加入と広瀬・赤松の復帰の前後で異なる。全体のことを考えると、打順を下げたり石井の登用を増やす代わりに、二遊はもう少し東出・梵が基本で我慢するか。一三塁は今のまましかない。外野は岩本をさっさと降ろし、井生にバトンタッチは当然。他に天谷の最終テストをすべきだろう。
新外人加入と広瀬・赤松復帰後は、本来は二遊の小窪を石井と共に、東出・梵と入れ替えを検討したい。また、安倍・木村にも再チャンスを与えるべきだろう。もちろん新外人がコケたときの三塁の代役も視野に入る。
外野はレギュラーを丸と広瀬は確実として、井生・赤松・(結果を出した場合の)天谷とで、結果を争う展開が理想。そうすれば、控えで燻っている中東あたりをトレードに出せる余裕が生まれる。
 

2011序盤総括。

 投稿者:でび@何者かよーわからん人  投稿日:2011年 6月22日(水)23時44分48秒
返信・引用
  皆様、ご無沙汰しております。
交流戦終了時点で、今季の50試合(約35%日程消化)を19勝26敗というクライマックスシリーズへの期待はまだしも、
優勝争いは早くも「終戦」を迎えた我がカープですが、
今季の序盤総括と中・終盤戦においての、
論議したいと思います。

まず序盤総括をということで、
従来の1人4p制の他、
蔵さんが採用している
「プロ野球選手の成績を点数化」http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/6%20tennsuka.html
する方法で、主力選手の今季の働きを見てみたいと思います
(ただし、防御率については5~10試合登板の選手については、半分で計算。また、抑え投手は有利になり過ぎるので、勝ち星はカウントせず、防御率も1p低くカウント)。
さらに、実際の記録はYAHOOの広島コーナーをご覧ください。http://baseball.yahoo.co.jp/npb/teams/6/

・年齢はすべて2011年度の学年年齢
・本来、一軍・一軍半・二軍・三軍・育成枠の4順位で、それぞれ「一軍のレギュラー」「一軍控え」「二軍の常連」「二軍でまだ育成段階(24歳以下限定)」「育成枠」としておりますが、この時期に2軍の育成を語ってもあまり意味がないため、二軍と三軍で一軍入りの有力候補を「二軍候補」というジャンルでつくりました。寄って、一軍・一軍半・二軍候補の3つになります。
そして今回、ポイント取得者の後ろにはそのポイントが添付されています。
・※は外人

①陣容
<右先発> 一軍A・バリントン(31)6p 前田健(23)4p 一軍B・福井(24)3p 一軍半A・大竹(28) ※ジオ(32) 一軍半B・なし 二軍候補・今村(20)小松(25)中田(21)

<左先発>一軍A・なし 一軍B・なし 一軍半A・なし 一軍半B・篠田(26)1p 二軍候補・ソリアーノ(29)斉藤(24)中村(23)伊東(20)

<右中継抑え>一軍A・シュルツ(32)6p サファテ(30)6p 一軍B・なし 一軍半A・永川勝(31)2p 横山(35) 上野(30)4p 一軍半B・岸本(29)1p 二軍候補・梅津(29)豊田(41)弦下(22)

<左中継ぎ抑え>一軍A・なし 一軍B・なし 一軍半A・青木(30)4p 一軍半B・岩見(25) 二軍候補・なし

②現状
まず、エースや抑え投手であれば4p、先発3番手以降や中継ぎを担うなら3p欲しいところ。
現在のローテはバリントン・マエケン・福井が3本柱。この3人は他球団と比べても負けないが、問題はその後。ジオは外人枠の制限を受けるし、篠田は不調で2軍行きとなり、今村ももう2軍で立て直した方がいい成績。
中継ぎはシュルツ・サファテが素晴らしい。青木・上野も登板数を考えれば大健闘。問題はこの次の選手で、復帰が遅れた永川は主力だが、それ以外は岸本くらいか。他に2軍でも本来1軍クラスの梅津くらいしか成績を上げている選手はなく、もし主力が怪我等の離脱があると、かなり苦しい展開が予想される。

③結論
 もちろん、現在の主力はこのまま戦って問題なし。
先発の残りの2枠は、篠田・今村の調子と見合せながら、大竹や斎藤ら怪我人が帰ってくるまで、2軍から若手を引き上げて実験も兼ねるといいだろう。候補は2軍の先発で20回以上投げて防御率が3点台の、伊東・ゲレロ・小松・中田・中村。特に中村は2軍での成績は抜群なだけに、ぜひ使いたい存在。
中継ぎ対策としては、先発候補の小松・中田を廻す他、少々無理覚悟で、岩見に再チャンスを上げるか、武内あたりの若手を思い切って上げる手はあるが、できればトレードを模索したい。二遊か外野の選手と、誰か交換を目指してはどうか?。
 

Re: 管理人様へ

 投稿者:ふるし~  投稿日:2010年 2月25日(木)17時01分8秒
返信・引用
  > No.475[元記事へ]

ご返信が遅くなり申し訳ありません。
ご無沙汰しております。

コメント読ませていただきました、ありがとうございます。
私も、本館のころのような書くときに肩肘張らず何でもいえるような雰囲気になればなあと感じるときがあります。
いろいろ批判を恐れるあまり、書くときにも一般的なことになりがちになります。
かと言って、少し強めに書けば荒らしに食いつかれますが(笑)

他のスポーツの話題に関しては現状で、昼に記事を書くようにしています。
もちろん、夜は野球かドラフトネタのみにしていますが、それでもやはりカープの看板を出しているからには、と常連のシャア専用ヘルメットさんが仰るようであれば私も考え直さないといけないかもしれません。

一応私のすみわけでは自由記事は昼に書くようにしています。他スポーツの話題を別の掲示板で扱うというのは真剣に考えたいと思います。一応考えている案としては、別掲示板か別に何でも書きようのブログを設けるようにしようかと考えています。

また良策がないかいろいろご指導いただけるとありがたいです。

http://ameblo.jp/furusy/

 

管理人様へ

 投稿者:シャア専用ヘルメット  投稿日:2010年 1月25日(月)23時55分47秒
返信・引用
  お久しぶりです。
シーズンオフで大した話題もないですねえ。
関西に引っ越すと話題も阪神ばかりですし。

コメント欄に対する記事、読みました。
本館の時代から知っている私としては複雑な気分です。
昔は掲示板での意見交流が盛んで、とても楽しかったです。
自由な雰囲気で、それを維持しようとして結果として荒れてしまった感じがします。
そのあたりはもうバランス感覚で、「どこまでが良くて、どこまでが悪い」という最終的な判断は管理人様にしていただくしかないのですが、自動車の運転と同じで「多少のスピード違反は黙認するが…」という寛大なご処置がいただけないものでしょうか?
建前や真面目一辺倒な意見は面白くないです。

あと、「広島カープデータベース」という看板を掲げている限り、カープメインでやってほしいという気持ちがあります。
「羊頭をかけて狗肉を売る」という言葉がありますが、そのあたりは掲示板を分けるなりしてうまく棲み分けを図って欲しいです。
カープにとっても他球団(特にセ・リーグ、交流戦もあるからパ・リーグも)の動向は重要ですから、情報は非常にありがたいのですが、相撲とか他のスポーツの情報を「広島カープデータベース」で取り上げる必要があるのかどうか、私には疑問です。
それについても管理人様が「自分のやりたいようにやる。自分のサイトなのだから」と言われれば「そうですか」としか言えないのですが、インターネット・ホームページって情報を提供する人と受け取る人がいて成り立っているものだと思うのです。
社会人として人間として若輩者の私が言うのもおかしいのですが、一人の意見として受け止めていただければうれしいです。
 

中間総括お疲れ様です。

 投稿者:かぷふぁん  投稿日:2009年 8月 8日(土)22時55分36秒
返信・引用
  投手陣はまずまず予想通りの展開でしょうか。
ルイスのいきなりの離脱がヤバイかと思われた以外は
篠田・林・梅津・横竜いずれも想定の範囲内と言ったところでしょう。
永川は無事是名馬と言った所でw

問題はこちらも2軍選手層ですね。
とはいえこちらも去年今年とそうホイホイと
2軍で投げきれる選手がいるわけでもなく、難しいところかと思います。

菊池が取れるようにカープファンは今から
タバコはラッキーストライクに変えておきましょうw
 

今季の中間総括(投手編)

 投稿者:でび@何者かよーわからん人さん  投稿日:2009年 7月25日(土)22時26分23秒
返信・引用
  続いて投手編。
こちらも調整として、セーブ数を以下に致します。
0~ 9S 0ポイント
10~19S 1ポイント
20~29S 2ポイント
30S以上  3ポイント
とします。よって総計は24ポイント基準です。
そしてセーブの多い投手は
勝利数は点数加算しません。
理由は、抑え投手はセーブ数と試合数の両方でポイントが稼げるので、
内容よりもポイントが増えすぎになるからです。

また、防御率ポイントはまだ60%の日程消化なので、
6試合以上出場の選手を対象とします。

前田健(21) 5p
大竹(26)7p
ルイス(30) 5p
斉藤(22) 5p

青木(28) 2p
小松(23) 3p
篠田(24) 1p

今年前半で先発を経験した投手はこの7人で、
投球回数順に並べたもの。
上位4人はローテ投手なので6p前後を望みたいが、
大竹が達成し、他はまずまず。
5番手以降もそれなりで、3p前後を望みたいが、
小松が達成、青木も中継兼任を考慮すると、
充分な成績。

シュルツ(30) 8p
横山(33) 6p
永川(29) 6p
梅津(27) 7p
林(30) 2p

青木勇(31) 5p
牧野(35) 2p
上野(28) 1p

中継・抑えの投手を、前半戦の登板回数の多い順に
並べたもの。
上位5人は中継の柱であり、4人が6pのノルマを達成している。
特にシュルツは前半戦のMVPである。
逆に下位3名の中で、ノルマ3pを超えた青木勇人は秀逸。
ちなみにこの他にポイント獲得選手はなし。

※結論
先発は、このまま後半戦を戦ってOK。
中継が問題で、シュルツ・横山はよいが、
永川は抑え投手としては、不満がある。
また、梅津の怪我、林の不調で、数不足が顕著。
期待したいのは青木勇で、牧野と共に
後半は主力として使って欲しい。
また、若手を3人程度抜擢して欲しい。
 

今季の中間総括(野手編)

 投稿者:でび@何者かよーわからん人さん  投稿日:2009年 7月23日(木)14時28分41秒
返信・引用
  皆様、ご無沙汰しております。
今季の84試合(約60%日程消化)で、35勝46敗という
クライマックスシリーズへの期待はおろか、
早くも「終戦状態」を迎えた我がカープですが、
今季の中間総括と後半戦において、
来期への展開を論議したいと思います。

まず中間総括をということで、
蔵さんが採用している
「プロ野球選手の成績を点数化」http://members2.jcom.home.ne.jp/kuratateo/6%20tennsuka.html
する方法で、主力選手の今季の働きを見てみたいと思います。

まずは問題だらけの野手陣から。なお、上記の方法で、
出場試合数についてですが、捕手と守備固め選手以外はポイントを下げ、
0~ 59試合   0ポイント
60~ 89試合   1ポイント
90~119試合   2ポイント
120試合以上    3ポイント
とします。よって捕手以外は総計は24ポイント基準です。
理由は打撃不振が続くのに、使われ続けたため
試合数が伸びた選手があまりにも多すぎたからです
(捕手と守備固め選手は、出場試合数以外はあまりポイントが伸びない点を考慮)。
また、打率ポイントはまだ60%の日程消化なので、
30試合以上出場の選手を対象とします。

成績はyahoo!スポーツを参照にしたので、そちらと併記してご覧下さい。
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/player?t=b&c=6&k=3&s=-1
カッコは年齢。

東出(29) 5p
栗原(28) 4p
赤松(27) 5p
石原(30) 2p
梵(29) 5p
マクレーン(36) 4p
嶋(33) 1p
フィリップス(32) 1p(※6p)

ここまでは打席数上位7名と途中入団のフィリップス。
つまり主力選手。
60%の日程消化なので、主力選手には6p前後望みたいが、
到達者ゼロ。

天谷(26) 4p
石井(39) 1p
シーボル(34) 1p
喜田(30)1p
末永(28)4p
広瀬(31)2p
木村(29)1p
倉(35)0p

ここまでは打席数上位8~13名と木村と二番手捕手の倉で、
つまり控え選手。
上位と同じ理由で、控えなら3p程度を望みたい。
ちなみにこの他にポイント獲得選手はなし。

※結論
とりあえず、東出・赤松・梵がなんとか、といったところ。
途中から一軍定着でポイントが伸びなかった末永、
怪我で同じく伸びなかった天谷が復帰し、
あとフィリップス(東出の試合数に換算したら6pになる)、
の6人を中心に、後半戦を戦うことになる。
他の主力選手は、一軍半まで降格させ、他の選手にチャンスを与えるべきだろう。
特に嶋は前半戦の最大の戦犯であり、石原も一軍半まで降格させるべきである。
また、控え選手でも石井・シーボル・喜田あたりは必要はないし、
倉や木村も他の選手と代えてよい。その分は若手の抜擢に廻せばよいだろう。
 

レンタル掲示板
/26