teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:28/1209 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェイク 第1566号

 投稿者:宿坊  投稿日:2017年 2月 7日(火)20時29分7秒
  通報
  (発行=17.02.06)

日顕ら日蓮正宗の坊主は堕地獄
日如の教徳寺移転法要での説法に鉄槌 ①
鳩・犬・猫を霞網、毒殺などで大量虐殺

日蓮正宗・法華講の機関誌「大白法」が二月一日付で教徳寺(栃木県小山市)
移転新築法要での早瀬日如の説法を掲載している。その中で仏意仏勅の教団を
誹謗しているので鉄槌を下す。

日如は「蟻子を殺す者は必ず三悪道に落つ。謗法を禁(いまし)むる者は不退
の位に登る」の御文を引いて「たとえ蟻の子一つを殺すのも、まことによろし
くないし、地獄に堕ちてしまう」それに対し「謗法を禁めることは絶対に罪に
はならない」と述べて「創価学会の謗法にしても、そうです」と学会攻撃を煽
っている。

日如は「蟻の子一つを殺すのも、地獄に堕ちてしまう」と言うが、鳩・犬・
猫を大量に殺戮した大石寺の坊主はどうなのか?

ジャーナリストの内藤国夫が、某雑誌で次のような〝事件〟を暴露(写真)し
た。

日顕が昭和五十六年に順天堂病院でノドのポリープを手術した頃から「鳩は
ノドに悪い」と忌み嫌うようになり、翌五十七年四月、大石寺では鳩を皆殺し
することになった。

鳩の対策に困っている各宗派の寺院では「殺生戒」を犯すことなく、空砲で
脅したり、金網を張ったり、避妊用の餌をまいて繁殖を防いでいる。これが寺
院における鳩対策の常識である。

だが、大石寺では鳩の殲滅(せんめつ)を決めた。

当時、大石寺には「鳥博士」を自称する野村慈尊がいた。日顕から鳩殺しの
担当を命じられた野村は境内のあちこちに霞網(かすみあみ)を張り、鳩を一
網打尽にした。網目に首が引っ掛かった鳩は絞首刑のようになって死んでしま
う。余りにも惨(むご)いため霞網の使用は禁止されているが、この時、殺さ
れた鳩は五百羽にも上った。

また、改革同盟の植松雄増氏、山口雄在氏は「本山での非教師指導会でも日
顕が『本山も鳩と戦争している。網を張ったりしている』等と口走ったのを聞
いたことがあります。当時は法主の物騒な発言に正直、驚きました」と証言し
ている。

蟻を踏み潰した日顕

 更に、大石寺の元従業員さんも動物虐殺の手口を語ったが、実に残酷なもの
だった。「当時、大石寺の境内に立ち入る動物は犬も猫も殺すよう内事部から
命じられていました」「犬の場合はソーセージなどを餌におびき寄せて捕まえ、
睡眠薬を飲ませてフラフラにして境内の人目につかない場所に生き埋めにし、
毒入りのソーセージを食べさせ、その場で殺したこともあった」という。その
中にはフリー登山で来た人が連れてきた血統書付きの犬もいた。

また、猫は罠の箱を仕掛けて捕まえ、箱ごと水中に沈めて溺死させたとのこ
とだが、これが宗教団体とは驚くばかりだ。

特に日顕は子供の頃から残虐性が強く行学講習会の講義で「不殺生」に触れ
た際、次のような思い出話をしたことがある。

「ワシは幼い頃、蟻の行列を見て友達と競争で楽しみながら踏み潰して徹底
的に踏み潰しまくったことがあった」と。日如は日顕の堕地獄を説いたのだろ
う。


 
 
》記事一覧表示

新着順:28/1209 《前のページ | 次のページ》
/1209