teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:27/1199 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェイク 第1558号

 投稿者:宿坊  投稿日:2016年12月 6日(火)23時30分31秒
  通報
  (発行=16.12.06)

「浅井に国立戒壇を語る資格なし」
邪教・顕正会の近畿大会の大失敗を笑う ㊦
退場時に雨、ゴミ袋を頭に乗せて帰る参加者

邪教・顕正会の近畿大会では病人や高齢者までムリに連れ出したため、会場
の廊下で倒れた参加者がいて救急車も出動する始末。救護スペースは設けられ
ておらず、体調不良の参加者が床に寝かされていた。

場内の誘導は杜撰(ずさん)で、トイレは例によって長蛇の列。トイレ前の列
では「漏れてまうやろ」等の怒声が飛び交っていた。

登壇した会長の浅井昭衛は「出来るか否か分からなかったが、このように一
万人を超す陣列を築くことができた」「日目上人有縁の地である近畿が先陣を
切ってほしい」等と述べた後、竜の口法難の背景、現在の世界の情勢に触れて
「世界は混乱していて、このままでは第三次世界大戦か核戦争が起こる」と、
いつもの口癖を繰り返していた。

また、浅井は「日蓮正宗が国立戒壇の建立を否定し、学会は大御本尊を否定
している」云々と誹謗していたが、宗門関係者が異口同音に「約半世紀も前に
講中解散処分を受けた妙信講(今の顕正会)の浅井ごときが、国立戒壇を語る資
格も大御本尊を拝む資格もない。それなのにバカの一つ覚えで今も同じことを
言って会員を騙している」と嘲笑しているのを浅井は知らないのか。

アリーナの後方には車椅子専用の席を設けていた。だが、参加者の多くが疲
労困憊で苦痛に顔を歪めて、グッタリして車椅子に座っていて、浅井の無駄話
を聴いてはいなかった。

また、二階・三階席の参加者も早々と無表情で退場していた。

顕正会は会員数が増えていると宣伝しているが、騙されて入会しても長続き
せず、退会していく者が後を絶たない。

例えば、歴代の男子部長(村岡長治、長岡孝志、小川善紀、海老原秀夫、浅井
克衛)でさえも相次いで退会し、或いは消息不明になっている。

これが実情である。

 それは同会が日蓮大聖人の仏法とは無関係で、浅井の得意とする首都圏直下
型大地震、他国侵逼(特に隣国からの核攻撃、侵略)、自界叛逆、人類の絶滅、
経済危機、大旱魃、国家の破産、大疫病などの底の浅い予言だけが〝教義〟だ
から入会して少し勉強すると直ぐに行き詰まるからである。

 退場時には雨が降り始め、傘の用意は無く、渡されたゴミ袋を頭に乗せて帰
る滑稽な姿が見られた。




 
 
》記事一覧表示

新着順:27/1199 《前のページ | 次のページ》
/1199