teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:31/1198 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェイク 第1553号

 投稿者:宿坊  投稿日:2016年10月21日(金)22時05分16秒
  通報
  (発行=16.10.21)

西村正雅の強制わいせつは二件
日蓮正宗の前住職を沼津警察署が再逮捕
四十代・五十代の女性を相次ぎ襲う

もう、唖然、愕然として言葉を失う感がある。日蓮正宗の坊主だった西村正
雅(写真)の悪質極まる犯罪が、また明らかになった。今月十九日、沼津警察署
が西村を強制わいせつ致傷容疑で再逮捕、これで逮捕は三度目になる。

西村は八月二十三日、五十代の女性に対する強制わいせつ致傷事件で同署に
逮捕され、起訴された。

次いで女性の下着十三枚を盗んで九月二十七日に同署に再逮捕されていた。

それに加えて、この度は静岡県・清水町内で県東部の四十代の女性を転倒さ
せ、わいせつな行為をしたうえ左肘に打撲など全治一カ月のケガを負わせた強
制わいせつ致傷の疑いでの再逮捕である。この事件は静岡新聞の十月二十日付
で報道された (下に静岡新聞の該当記事を掲載)。

 四十代・五十代の女性に対する強制わいせつ致傷、下着泥棒の三件は、いず
れも八月二十三日の犯行で、当時、西村は開道寺(北海道留萌市)の住職であっ
た。

 まず、下着泥棒は同日午前六時半ごろから午後四時半ごろ迄の間、静岡県三
島市内のアパートや一般住宅の軒先で下着十三枚(一万一千円相当)を盗んだと
いうものであった。

 その下着を盗み回っていた間の午後二時頃、先述の通り、清水町内で四十代
の女性に強制わいせつ行為に及んだものである。

更に、一人の女性に対する強制わいせつ事件だけでは満足できず、同日午後
七時二十五分頃、同じ清水町内の路上で県東部の五十代の女性に後ろから抱き
つき、引き倒して、わいせつな行為をしたうえ、ケガをさせたのである。

 静岡新聞の記事では、西村は「無職」となっているが、これは西村が八月二
十三日に逮捕された後、拘置所で「還俗届」を書き、それが認められて今は僧
籍がないためだが、犯行時は開道寺の住職で、大石寺での全国教師講習会に参
加するために静岡県に来ていたのである。

最初に逮捕された時、西村は「いたずら目的だった」と容疑を認めていたが、
新聞報道によると、今回は容疑を一部、否認しているという。この種の破廉恥
坊主は他にもおり、ここまで腐敗した邪宗門である。


 
 
》記事一覧表示

新着順:31/1198 《前のページ | 次のページ》
/1198