teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:34/1197 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェイク 第1549号

 投稿者:宿坊  投稿日:2016年10月15日(土)21時31分6秒
  通報
  (発行=16.10.14)

大聖人の袖に隠れて威張る狐坊主
戸田二代会長、宗門の堕落坊主を指弾 ①
信じる気持ちは無用と「慧妙」の珍論

 日蓮正宗を邪宗の日顕宗へと変貌させたニセ法主・日顕の肝煎りで創刊され
た「慧妙」が十月一日付の連載「変貌した創価学会」で「有名無実化した『永
遠の指針』」という見出しをつけて学会を誹謗している。

その中で特に「大事なのは信じる気持ちで、その上から唱える題目が重要であ
る」との学会の説明は身延日蓮宗と同類だと言って、「(学会は)戸田時代の信
仰に戻るべきだろう」と述べている。

 信じる気持ちなど無用というか、信仰心はどうでも良いような「慧妙」の記
事は学会の今の路線が戸田二代会長当時と違うかのような的外れの主張だが、
全然、違背はしていない。

戸田会長は昭和二十七年十月に登山会を開始して困窮していた日蓮正宗を経済
的に潤沢にしたのをはじめ、昭和三十三年三月には大講堂を建立寄進するなど
外護の誠を尽くされた。しかし、その一方で聖教新聞の「寸鉄」や「大白蓮華」
の巻頭言で堕落坊主に対して厳しく指弾し続けたのも事実だ。

そこで本紙では「慧妙」の要望に応えて〝戸田会長の時代〟に戻り、今号から
は戸田第二代会長の執筆による「寸鉄」及び巻頭言の中から主なものを抜粋し、
改めて紹介する。
    ◇
一、折伏もしないで折伏する信者にケチをつける坊主は糞坊主だ。
一、尊敬される資格もないくせして大聖人の御袖の下にかくれて尊敬されたが
って居る坊主は狐(きつね)坊主だ。
一、御布施ばかり欲しがる坊主は乞食(こじき)坊主だ。(昭和二十六年五月
十日付)
    ◇
一、宝のもちぐされということがあるが、どこの寺のことだ。
一、立宗七百年が来る。大聖人様はどんな事を喜ばれるであろう。なに! 梵
鐘を作ればよいと、火事が起こってから半鐘を作って間に合うか。
一、軍部におどされて梵鐘を取り上げられ、軍部が消えたら又作り出す。奥さ
んの前でヘイヘイして、居なくなればつまみ食いする女中のような坊主だ。
一、日興上人の遺誡置文を守って居られる方は御坊様、守らん僧侶は坊主、邪
宗の僧は高等乞食というんだ、よくおぼえておけ。(昭和二十六年七月十日付

    ◇
一、御山でゴシュ(御酒)は作ってもゴショ(御書)は作れぬ坊主が居るって
ね。
一、御盆廻りで忙しい坊主も居るし、折伏廻りで忙しい信者も居るし、全く世
の中はさまざだ、アア――。
一、御盆廻りって何の事かね、檀家の先祖を供養する事かね。それとも供養さ
れる事かね。(昭和二十六年七月二十日付)
    ◇
一、寸鉄居士よ御僧侶を坊主などと呼ぶと地獄へ堕ちるぞ!
一、寸鉄居士答えて曰く「御僧侶を坊主と言った覚えなく、坊主を僧侶と呼ん
だおぼえは無い」。
一、坊主が御僧侶の衣をつけたのと御僧侶が坊主の姿に見えるのとは皆信心の
はかりではかるんだよ。
(昭和二十六年八月二十日付)  (つづく)


 
 
》記事一覧表示

新着順:34/1197 《前のページ | 次のページ》
/1197